So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

フランク・ティリエ『シンドロームE』(上)(下) [映画]

こんにちは。

お久しぶりの更新である。

この夏はたくさん映画館で映画を観たように思うが、

今日は読了したばかりの本について書こう。

 

フランク・ティリエ著/平岡敦訳の『シンドロームE』(上下巻)(早川書房)

 

シンドロームE(上) (ハヤカワ文庫NV)

シンドロームE(上) (ハヤカワ文庫NV)

  • 作者: フランク・ティリエ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/11/25
  • メディア: 文庫

 

 

シンドロームE(下) (ハヤカワ文庫NV)

シンドロームE(下) (ハヤカワ文庫NV)

  • 作者: フランク・ティリエ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/11/25
  • メディア: 文庫

 

原著は2010年発表、邦訳が2011年12月発行。

 

新刊で本屋に並んだ時、すぐに気になったタイトルだったが、

当時、別の本を優先してしまい、すっかり失念していた。

最近、ブックオフで再会して、思い出したのであった。

 

あとがきによれば、ティリエはフランスのミステリ界では

若手の人気作家で、2002年以降、11作を発表しているようだ。

 

同じ言い回しが何度も出てきたり、

邦訳の際の誤字もあったりしたが、

読みやすい文章で、ぐいぐい引っ張ってくれるので、

上下巻でもあっという間に読了した。

 

なお、ティリエの『死者の部屋』(2005年)は、

スマイル・コレクター』と言うタイトルで

映画化もされている。

 (このDVD持っているような気がする。)

 

スマイルコレクター [DVD]

スマイルコレクター [DVD]

  • 出版社/メーカー: タキ・コーポレーション
  • メディア: DVD

 

 

 

 

映画は、ホラー寄りサスペンスだったが、

それほどショッキングなシーンは無かったように思う。

なお、メラニー・ロランが演じた主人公の女性警官は、

今回の本でも主人公の一人である。

 

 

さて、本書のあらすじはAmazon先生のご紹介によれば下記の通り。 

急死した収集家のコレクションに眠っていた謎の短篇映画。

奇怪な描写が続くその映画を見たコレクターは、

映画が終わる前に失明してしまった。

映画の秘密を探るリューシー警部補。

だがその行く手には、何者かが立ちはだかる。

一方、五体もの死体が工事現場で発見された事件を追うシャルコ警視は、

死体から脳髄と眼球が抜き取られている事実に着目するが……

ふたつの事件を結ぶ糸があることを、二人はまだ知る由もなかった。

 

きたきた、謎の短編映画(゚∀゚)!!

セオドア・ローザックの『フリッカー、あるいは映画の魔』に続く、

映画を巡るサスペンスである。

 

フリッカー、あるいは映画の魔

フリッカー、あるいは映画の魔

  • 作者: セオドア ローザック
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1998/06
  • メディア: 単行本
フリッカー、あるいは映画の魔〈上〉 (文春文庫)

フリッカー、あるいは映画の魔〈上〉 (文春文庫)

  • 作者: セオドア ローザック
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1999/12
  • メディア: 文庫

 

 

 

『フリッカー(以下略)』はかなり前に読んだきりなのだが、

ミステリとしては、答えは出ていなかったはず。

だが、映画、ムービーと言うより、フィルムの力に取りつかれた

若い青年が、どんどん狂気に取り憑かれ、

深みにはまっていく話であった。

本書では、映画の技術と、脳神経科学の分野から、

犯罪だけでなく、

戦争、ジェノサイドと言った集団的な暴力行為が、

視覚的経験に関係するのか、と言う研究が

事件解決の鍵となる。

 

映像は精神にどのような作用をもたらすのか?

 

暴力的な映像を観ることによって

観た者が暴力的になりうるのか?

 

それを利用することは可能なのか?

 

20世紀半ばの冷戦期に、

CIAが利用しようとしたという逸話を絡めて

謎と事件が展開してゆく。

 

詳細は本書を読んでいただくとして、

このようなテーマは

ホラーやサスペンスばかり好む私としては

とても身につまされるものがあった。

 

暴力的な映像を観るからと言って、

実際に暴力をふるうようになるわけではないが、

そうした映画ばかり見ていることは、

あまり好ましいとは言われない。

 

いわゆる「良い話」を観て感動しても、

誰もが「善人」になるわけでもなく、

恋愛映画を好んでいる人が、

実際に多数の恋人がいるとは限らず、

そもそも、恋愛をしているとも限らないのと同じであってもだ。

 

私たちは、映画には限らず、

テレビやゲーム、広告など、さまざまな形で、

生活のあらゆる場で、

自主的に、または、強制的に、映像に触れている。

 

サブリミナルが規制されているように、

映像には、人間の精神、判断力、

価値観に作用する力があるとされており、

映画を楽しむこともまた、

音声も含めた映像の作用によるものである。

 

スイッチ一つで、絶え間なく一方的に映像だけを送りだすテレビの方が、

分断した、テキストや音声が混在する映像が主流であるネットより

影響力が大きいのも当然だろう。

 

また、フィクションを楽しむには、

登場人物を自分に置き換えるだけではない、

もう少し複雑な想像力が必要となる。

 

「もし私だったら」しか思い描けない人には、

ホラーやサスペンスは辛いだけだ。

 

  ワイドショー的なニュースを好んで見る人は、

  「もしこれが私だったら」を楽しんでいるようにも思えるが。

一方で、「もし私だったら」が描けない人は、

人間関係による情愛や憎悪といった

心の機微を中心とした物語は、

白けるだけではないかとも言えるだろう。

 

好きな映画や楽しかった映画が、

どうしてなのか、

ちょっと考えてみるときに

こうした視点を考慮すると面白いのではないか、

と思った。

 

下手に、「人生の教訓」や「手本」にするより、

ただ、娯楽として楽しめばいいのだ、

とも思わないでもないが。

 

今日の一言。 

洗脳実験ネタでは、『es』が有名だが、敢えてコレを推す。

実験室KR-13 [DVD]

実験室KR-13 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD

正直びみょーだったけど。

 


nice!(0)  コメント(0) 

映画レビュー『オブリビオン』 [映画]

こんばんは。久しぶりの更新が深夜2時です。 
 
今更ながら『オブリビオン』感想です。
IMAX3Dで見てきました。 
ついつい長文になりがちで
なかなか記事に出来ないので、
今回は箇条書きで、簡潔にしたいと思います。
ちょいちょいツイッターで言及しましたが
改めてまとめてみました。

【予告編から序盤の第一印象】

・ひたすらトム、トム、トム。
 出ずっぱりである。
 『アイ・アム・レジェンド』や『月に囚われた男』を思い出した。
 
アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]

アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray
 
ウィル・スミス出ずっぱり。 
月に囚(とら)われた男 [Blu-ray]

月に囚(とら)われた男 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray
 
サム・ロックウェル出ずっぱり。
監督のダンカン・ジョーンズのお父さんは、
デヴィッド・ボウイだったりします。
 
 
・ドローン、バブルシップ、スカイタワー、テット等のデザインが
 やや既視感もあったが、印象的。
 ガラスや水を使って透明感と、
 白からグレイがかった色調に統一された世界と、
 荒廃した地上を覆うすすけた色合いによる対比は、
 『マイノリティ・リポート』以来の
 SF世界で良く見るパターン。

 
マイノリティ・リポート [Blu-ray]

マイノリティ・リポート [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray

スピルバーグは偉大だな。
これもトム主演。 
  
 
・ヴィカ(アンドレア・ライズブロー)の伏せたまつ毛に萌えた。
 これがナチュラルメイクか、と感嘆した。
 
『オブリビオン』01.jpg 
 
・ジュリア(オルガ・キュリレンコ)のタンクトップ一枚にも感嘆した。
 やはりナチュラルメイクだったが、ハッキリ二重で目力強力。
『オブリビオン』02.jpg 

※なお、ナチュラルメイクとは、
 素顔に見えるようにメイクするという
 高度な化粧の技法のことである。 
 
以下、ネタばれを含む。

続きを読む。


nice!(0)  コメント(0) 

ブログの表示について [雑]

追記(4月4日)

どうやら、firefoxのアドオンで広告を表示しないようにしていることが原因のようです。

 

先ほど投稿した記事で、一部単語が抜けている個所がありますが、

どうしても直りません。

申し訳ありませんが、しばらくご容赦ください。

あと、ヤフオクの表示をONにしてみました。


nice!(0)  コメント(0) 

青春ドラマは好きですか。 [映画]

関東は先日に続き今日も雨。
寒いです。
すごい狂風・・・じゃなくて、強風です。
(どういう変換ミスなんだ。)


今日は、風の音に混ざって時折アメリカ軍の気配がします。
以前は、自衛隊の駐屯地近辺に住んでいたので、
戦闘機やヘリコプターは別に気になりませんが、
強風の日に、轟々聞こえると、
窓に何か衝突したり、
ベランダに何か飛んでいきそうなものを
置き忘れたかとビビります。
ほら、近所迷惑だしね。


前の投稿から既に3カ月以上経過してますが、
その理由は、PCを置いている部屋が寒いという
「暖房入れろ」で解決しそうな程度の障害が理由です。
春になり、暖かくなってきたので、
もう少しマメに更新出来るかもしれません。


ワタクシゴトではありますが、
昨年の末、まさに12月31日付で退職し、
現在は、ほぼニートな生活をしております。
いい加減、抗鬱剤を飲みながら仕事するのを止めないと、
数年後に激しく後悔しそうなことが
確実になってきたというのが理由です。


徐々に、減りゆく預金残高に怯えながらも、
徒歩圏に三つのツタヤがあり、
常連ぶりはパワーアップです。
資金の都合により、旧作中心ですが。


そこで、旧作で長く楽しむためにも
見るテレビドラマのレンジの拡大を試み中です。

私は、今までいわゆる学園ドラマは見てきませんでした。
むかーし、NHKで『ビバリーヒルズ青春白書』をちらりと見た程度です。

「ビバヒル」と言えば、青春ドラマの代名詞ですよ。
青春ドラマと言えば、
見た目も麗しい若者たちが、
勉強もせんと、仲間内で恋ばっかりして、
二股三股かけたり、
どうでも良い喧嘩してみたり、
ちょっとしたことに嫉妬したり、
意地悪するような話ですよ(´・ω・`)

きちんと見ていないくせに
適当なこと言ってすいませんネ。

でもね、学生時代、非モテサイドにいた私としては、
こういうキラキラドラマは、
ものすごい遠い、
全く別次元の世界過ぎて、
楽しめませんでした。
むしろ、ダークサイドに落とされること確実です。

そのくせして、
『ダーマ&グレッグ』は結構好きだったし、
『ヴェロニカ・マーズ』もシーズン1は見ました。
今度映画化するみたいですね。
セックス・アンド・ザ・シティ』にはハマり、
DVDボックスを持っているわけですから

きっと、若者向けでない、
または、恋愛中心でなければ良いのです。
おそらく『デスパレートな妻たち』もいけます。


長い前置きでしたが、
ここにきて、『ゴシップガール』と
『スーパーナチュラル』、
『トゥルー・ブラッド』に手をつけました。
シーズンがたくさんあって、
当分、見るものがありそうなところに惹かれました。

オカルト+アクションの『スーパーナチュラル』はともかく、
NYの金持ちのスーパー高校生が
チャラチャラした『ゴシップガール』は、
思っていたより、
いや、結構、ハマっております。
セリーナはお洒落で見ていて楽しいし、、
ブレアは意地悪バカで可愛い
カワ(・∀・)イイ!!

でも一番好きなキャラは、
セリーナ&エリックのママこと、
リリーです。

ロックスター(当時)とお付き合いしたり、
その後、何度も離婚したりと
億万長者と結婚したりと、
私とは、全く接点はありませんが、
きちんと我慢すべきところは我慢しているし、
家族のトラブルに
正面から対処しようとしているところが
一番、オトナだと思います。
ま、そこに至るまでは、
かなり勝手なお母さんだったようですが。

ただし、『ゴシップガール』は
アメリカで最もお金を持っている人が暮らすと言われる
NYのアップタウンのお話です。
普通の庶民が、掃除と洗濯をした直後に見ると、
ふんわりとした虚無感に包まれます。

「私がこんな地道に暮らしているというのに、
 こいつら、自分で下着の洗濯すらしてないんだろうな」

と反吐が出てしまうので、
少し時間をおいた方がいいですよ。

ま、日本だけでなく、アメリカも、
高校生って暇なんだと思いました。

今どきの高校生って、
ジャスティン・ビーバーやら
ワン・ディレクションに
きゃーきゃー言ったり、
髪型とかネイルいじったり、
携帯いじったりして、
授業聞いてなかったり、
ちょっと席が近いだけで、
「ずっ友だよ」とか言って、
どうでもいいことまで全部話し過ぎて
微妙な空気になったり、
「ずっ友」のはずが、
抜け駆けして気になる男子と
仲良くお話しているところを見て
嫉妬してみたりするんですよネ。

(女子限定。途中から「今どき」でもない。)

私も相当バカな高校生でしたが、
いつの時代もどの国でも、
十代って、
溢れるエネルギーをもてあましているんですね(´∀`)

『ゴシップガール』を楽しめるということは、
私にココロにゆとりが出来たのかもしれません。

そろそろPC部屋が寒くなってきたので、
リビングに移動して、
サラ・ジェシカ・パーカー
『ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)』を見てきます。

なにキラキラしたモン借りてるんだと思いますが、
アルバトロスがリリースしているような
人がやたら死ぬ映画と抱き合わせで
バランス(何の?)を取ろうとしてしまうのです。

今回のダークサイドは『恐怖の黒電話』です。
借りてから、実際に見るまでの間、
一番ワクワク感があるタイトルで、
滑りそうな予感もしましたが、
不愉快な終わり方も含めて、結構楽しめました。


今日の一言
キラキラ耐性はココロのゆとりに比例する。

恐怖ノ黒電話 [DVD]

恐怖ノ黒電話 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD

 

松竹でしたね。


nice!(0)  コメント(0) 

2013年 [日常]

あけましておめでとうございます。

しばらく放置気味でしたが、今年から、本当に暇が出来たので

ぼちぼちと記事を書きたいとは思っています。

2012年は、かなり劇場で映画を観たはずですが、

いざとなると思いだせないものですね。

最近劇場で観た映画は、

『ホビット 思いがけない冒険』と

レ・ミゼラブル』です。

どちらも長い映画でした。

『ホビット』は続きを待たなければなりませんが、

是非劇場で見ていただきたいと思う映画でした。

では、今年もよろしく。

 

ちなみに、2012年最後に見た映画は『2012』でした。

 


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。